呼び出しチャイムによる視聴覚障害等を持つ患者様へのサービス

呼び出しチャイムによる視聴覚障害等を持つ患者様へのサービス 呼び出しチャイムによる、視聴覚障害等を持つ患者様へのサービスが近年注目を集めています。
目が見えない、耳が聞こえないといった患者様にとって、私たちが普段利用している受付の案内板や係員の呼びかけなどは、実は利用のハードルが高いものです。
そのような中で、呼び出しチャイムは、案内板の文字を読むことができなくても、係員の呼びかけを聞き取ることができなくても利用できる手段として、その有用性が認められます。
また、10万円程度から導入できるなど、比較的安価なシステムであるため、導入の際の負担も少ないことも特徴です。
現在市場では、様々な種類の呼び出しチャイムが販売されており、それらの中には振動や光など、音以外の刺激で呼び出しを知らせる機能が搭載されているものも多くあります。
障害の内容によっては、音による呼び出しのみでは不十分なこともありますが、他の刺激と組み合わせることによって、呼び出しを確実にお知らせすることができるのです。

PHSの代用品としてかなりのコストダウンが図れます。

PHSは携帯電話の一規格として知られており、通信手段として現在でも利用されています。
従来の携帯電話と比べて移動管理機能がないことから、簡易型の通信端末として区別されています。
呼び出しチャイムと言えば、玄関先のインターフォンを連想されがちですが、工場内での連絡体制として用いられた機器として捉えられています。
工場内では機械の稼働音が大きく、作業員に指示が行き届くことが困難な状況下にあります。
業務用の呼び出しチャイムは、送信機から受信機へと音が伝わる仕組みとなっており、職場のどこにいても呼び出しが可能となります。
そのため、連絡における設備費用のコストダウンにも貢献しており、採用先の業者から数多くの嬉しい声が聞かれるほどです。
しかも、現在では腕時計型の受信機が開発されており、音だけでなく振動によって指示が分かるツールとして重宝されています。
腕時計型の受信機には他にも、PHSの操作に手間がかからないメリットがあり、効率性にも優れています。