呼び出しチャイムの音が選べる

呼び出しチャイムの音が選べる ホームセンターなどに売ってある呼び出しチャイム音の中に、チャイム音が選べる商品があることをご存知でしょうか?
防犯グッズとして欠かすことのできない呼び出しチャイムですが、一人暮らしの女性の部屋などには可愛い呼び出しをつけたいといった方などに人気の商品です。
呼び出しは多岐に渡り、メロディー調の物から単音、動物の鳴き声のようなものまで揃っています。
呼び出しのチャイムの種類も去ることながら、機能も従来の便利さを備えていて、1人暮らしの防犯グッズの他にも介護や育児のための室内用のチャイムやカメラ付きのものも揃っています。
チャイムの種類は基本的に本体に取り付ける際に自分で好きなものを選ぶことが出来ます。備え付けられている小さなスイッチのようなものを押して好きなチャイムを選びプレビューボタンで確認して設定完了です。
念のため設置後はきちんと鳴るか自身で外から鳴らしてみたりして確認してから完了させましょう。

誰もが効いたことのある呼び出しチャイムの音

子供の頃から誰もが効いたことのある呼び出しチャイムの音、家での「ピンポーン」、電話での「プルルル」。
これらの音はなぜ殆どが高音域なのか不思議に思うことがあります。理由を知ると面白い作用が見えてきました。
呼び出しチャイムと言うくらいだから、人の耳に確実に聞こえる音でなければいけません。人の耳は高周波数帯域の音を聞いた時と低周波数帯域の音を聞いた時では心の反応が違うと言われています。
例えば高周波数帯を聞いた時では、心が敏感に反応し若干のストレスを感じ、一方で低周波数帯を聞いた時では心がリラックス状態になる頻度が高いと言われています。
特に1/Fゆらぎ音と言われる「繰り返し」の同じ音を低周波数帯で聞いた時は最も顕著に反応します。
繰り返しになりますが、人の耳は高周波数=ストレス、低周波数=リラックスの傾向が高いため、呼び出し音で使用されるチャイムや音で高音のものが多く使用される理由は、上記の作用によって聞いた人を急がせたりする効果があると結び付けることができます。